ごーちゃんの『とりあえず書きまする・・・』

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界の軍艦コレクション 赤城

<<   作成日時 : 2013/02/10 00:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第2号は空母「赤城
画像


航空機もしっかり再現されてます。
画像


そして後方部
画像


大和と並べてみました。
画像

真上から撮ればよかったです・・・。

赤城の詳細
全 長 :260.67b
全 幅 :31.32b
排水量 :41.000d※満載時
馬 力 :133,000馬力
速 力 :30.2ノット
航続距離:16ノットで15,200q

聯合艦隊の機動部隊として活躍した航空母艦です。
元々は戦艦として建造されましたが、完成前にワシントン海軍軍縮条約が締結されたため、廃棄は勿体ないっつうことで、まだ規制が緩かった航空母艦に改造されたそうです。
なんと言っても大東亜戦争初戦である真珠湾攻撃において、第一航空部隊「通称:南雲機動部隊」の旗艦として有名ですね。
しかしその翌年、ミッドウェー海戦において敗北→沈没してしまいます・・・。
緒戦は赤城他、航空母艦から出撃した第一次攻撃隊によるミッドウェー島空爆に成功します。
第二次攻撃のために航空機の魚雷を陸用爆弾に切替え作業していたところ、予期せぬ米軍の機動部隊が来襲したため、再び陸用爆弾から魚雷への切替えを余儀なくされます。
映画「聯合艦隊」では、このときの緊迫感が描かれています。
映画ではこのときの魚雷→爆弾→魚雷と切り替えた時間のロスが致命的になったと解説されてました。
このミッドウェイ海戦において、聯合艦隊は赤城、加賀、飛龍、蒼龍の空母4隻を失ってしまい、未曾有の大敗を喫します・・・。
もともと国力差があった中で、ミッドウェー海戦は乾坤一擲の戦いだったと思えるのですが、なぜかこの時、大和等の主力部隊は遙か後方に居たため、救出には間に合わなかったようです。
歴史にIfは駄目ですが、高性能なレーダーを搭載していた大和がもう少し近くに居れば、敵勢力の存在をもっと早く知ることが出来たかもしれません。
こもミッドウェー海戦での大敗後、海において日本が防戦一方になっていくのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界の軍艦コレクション 赤城 ごーちゃんの『とりあえず書きまする・・・』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる