ごーちゃんの『とりあえず書きまする・・・』

アクセスカウンタ

zoom RSS まむしの兄弟シリーズ

<<   作成日時 : 2013/06/16 10:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

画像は「懲役十三回」
菅原文太=ゴロ政
川地民夫=不死身の勝

ふたりあわせて「まむしの兄弟」
ヤ○ザ映画でありながら、コメディー色の強い人情アクションとでもいいますか。
毎回、刑務所でお勤めを終えた政を、舎弟の勝が迎えに来るところから始まります。
※来ない作品もある
二人とも戦争孤児で親の顔を知らず、戦後の焼け跡を生き抜いてきたようです。
作中で「おっかやん=母さん」を思うシーンが随所に見られます。
流れはパターン化しているものの、オツムが少し弱い兄弟のやりとりが面白くて好き。
三億円の半分は1500万と真顔で言ってみたり、入手した小切手で豪遊するも使い方を知らず
「この小切手、なんぼ使っても減らんのぉ」
などと政がまじめな顔して言いますが、勝も突っ込むどころか一緒に感心してしまうレベルなので、観ているこっちが吹き出してしまいます。
政も勝も本当にいい奴で、政は思い込んだら突っ走り、後先考えず無茶苦茶やっちゃう。
勝は政を心底愛してるのが伝わってきます。
兄貴の服役中は、彼女を抱かずに我慢するくらいですからソートーなもんですよ。
お二人ともその後のヤ○ザ映画には多数出演されてますけど、川地民夫の「勝」ははまり役だと思うな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
まむしの兄弟シリーズ ごーちゃんの『とりあえず書きまする・・・』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる