ごーちゃんの『とりあえず書きまする・・・』

アクセスカウンタ

zoom RSS ユーザーじゃないけど応援したい

<<   作成日時 : 2010/02/25 22:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私はトヨタ車を所有したことはないけれど、公聴会は政治ショーにしか見えなかったです。
トヨタ側にも初期対応の問題があったと思いますけど、被害にあったというオバサンの証言は、同じ運転する側からすると素直に信じられませんでした。
時速160キロまで勝手に加速、ニュートラに入れてもバックに入れても効かず、両足でブレーキを踏んでもダメ。尚且つそんな状態で携帯電話を利用したと・・・
まず160キロで片手運転なんか出来ます?そもそも走行中にバックギアなんか入らんでしょう。そりゃあ勢い付けて引っ張れば壊れるのと引き替えに入る可能性もあるけど、座席に座ったまま片手ですからね。
私は仕事で頻繁に高速道路を利用しますが、そのような極限状態に陥ったとき諸々の事が出来るとは思えないです。

ブレーキ部分のリコールはトヨタが判断したのだから、それはそれで良いでしょう。
でも、このオバサンを全面的に信用して叩く姿勢は変ですよ。話を膨らませすぎなのではないでしょうか。
日本車は海外で売れてる分、それぞれの国産車メーカーから恨まれているでしょうし、そういう連中をバックに付けたい政治家達にすれば勿怪の幸い。国内の不満を外に向けるジャパンバッシングそのもので、公開リンチの様相でした。
トヨタは誠実対応を=鳩山首相
〜時事通信〜
鳩山由紀夫首相は24日夕、トヨタ自動車の豊田章男社長が同社の大規模リコール(回収・無償修理)をめぐる米議会の公聴会で証言することについて「真摯(しんし)に誠実に公聴会で対応されるべきだし、そのことを期待している。そうすれば、大きな日米の経済問題に発展することなく、トヨタに対する信頼が徐々に回復する可能性が十分ある」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。 
〜ここまで〜

そうか、じゃあまず公聴会と国会を置き換えて、自分の対応が誠実かを考えた方が良い。
秘書がやった、自分は知らなかった・・・しょーもない言い訳一辺倒。
もしトヨタの社長が「自分は知らなかった」なんて発言してたら収集つかないよね?
逃げずに四面楚歌の中に出向いて、企業トップとしての責任を果たそうとしてる。
抱えてる使用人の数なんてトヨタと比べものにならんのに、よくもまあその行動を把握してなかったと平気で言えるもんだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ユーザーじゃないけど応援したい ごーちゃんの『とりあえず書きまする・・・』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる