やっぱ名作だわ

画像

魔界転生
久々に観たら書きたくなりました。
原作と異なる部分が多いので、別物として観なきゃいけません。転生術を編み出した森宗意軒や、由比正雪といった、原作における重要人物は登場しませんし、剣豪の一人である荒木又右衛門、田宮坊太郎なども登場しないのです。
でも、簡略化したストーリーを補えるほどのキャスト陣!
まずジュリーの天草四郎・・・いいですねぇ。原作だと天草四郎は宗意軒の弟子に過ぎない存在ですが、映画では悪の首領。
彼の秘術によって名だたる剣豪達が転生衆となって蘇ります。
「柳生十兵衛」には千葉真一さん、槍の宝蔵院こと「胤舜」に室田日出男さん、「宮本武蔵」は緒形拳さん。そして十兵衛の父である「柳生但馬守宗矩」に若山富三郎さん。
転生衆ではありませんが、彼らを倒せる妖刀「村正」を打つのは丹波哲郎さんと、凄い顔ぶれ。
私、この方々以上にこの作品でお気に入りなのが、細川ガラシャを演じる佳那晃子さん
もう妖艶で美しくて×100
画像

・・・どストライク!!!
佳那晃子さんを初めて観たのは「犬神家の一族」で、当時はまだ大関優子と名乗っておりました。ニセモノスケキヨの母親「菊乃」役で、犬神家の強欲娘達から服をひんむかれてポロリするわ、
水をぶっかけられるわと散々な目に遭うのですが、役柄はどうあれ「綺麗な人だなぁ」と。当時の私はこの人の名前も知らず、アオヌマシズマの母ちゃんとしか・・・
話がそれましたが、この作品では転生衆の紅一点、細川ガラシャとなり、その妖艶な色香で将軍をたらし込む毒婦役です。
あ~、何度観てもウットリしてしまう・・・眉毛が無くても綺麗な人は似合うものです。

クライマックスは、豪華に包まれた江戸城で十兵衛vs魔界に落ちた父、柳生但馬の戦い。
若山富三郎さんの殺陣は素晴らしい!
弟である勝新太郎も「殺陣はお兄ちゃんにかなわない」という言葉を残しているほどで、しなやかな太刀さばきを見せてくれます。
転生した途端、若山さんの表情が変わったのがとても印象的。
魔界衆は一切瞬きをしないんですけど、これは若山さんのアイデアなんですって。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック