アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「映画」のブログ記事

みんなの「映画」ブログ

タイトル 日 時
レザーフェイスが狂っていない
レザーフェイスが狂っていない 飛び出す悪魔のいけにえ〜レザーフェイス一家の復讐〜 名作「悪魔のいけにえ Texas ChainSaw massacre」の続編? オリジナルには「2」が存在していますけど、この作品の流れだと「2」は存在していないことになっています。 第1作のラストから物語スタート。最期の1人に逃げられたソーヤー家でしたが、そのために町の自警団から皆殺しにされてしまいます。 その際に助かった赤ん坊「ヘザー」が主人公。 成長したヘザーに、ソーヤー家の財産相続話があり、自分の出生秘密を確かめるため、ソ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/29 18:58
こんなパワー欲しい!
こんなパワー欲しい! 名作「キャリー」のリメイク版です。オリジナル版のキャリー(シシー・スペイセク)とは異なり、本作のキャリーは結構可愛いので、周囲から孤立しているのは容姿ではなく、根暗な性格が原因なのかも。 ※オリジナルは両方が原因だったです。 ストーリーはオリジナルのまんま・・・本当にそのままリメイクした感じがしました。 とはいえ、私見では特に物足りなさも感じず、最期まで楽しめた感あり。母親(ジュリアン・ムーア)の度を超えた厳格さも良かったですねぇ。 そのままリメイクしたことに批判もあるみたいですけど... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/29 18:53
フィクションとはいえあの国がねぇ・・・
フィクションとはいえあの国がねぇ・・・ レッド・ドーン もし、突然他国が侵略してきたら・・・そんな話。 この作品、調べてみたら「若き勇者たち」のリメイクだそうで。若き〜は侵略してくるのがソビエトでした。当時はまだ冷戦時代だったのと、米国に匹敵する巨大国家というイメージがソビエトにあり、なかなか面白かったのを覚えています。ミル24というソ連の戦闘ヘリをそっくりに再現したシーンなんか鮮明に覚えています。 さて、このリメイク。 なんとアメリカに進行するのは北朝鮮!・・・そんな馬鹿な(爆 この一言で片付けちゃ元も子もないのですが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/20 19:31
新作が楽しみ
新作が楽しみ 本当にあった呪いのビデオシリーズ 我が家では大人気のシリーズ。 嫁さんはホラー映画観ないけど、このシリーズだけは率先してレンタルするみたい。 投稿もので、様々な心霊映像を解説付きで流すだけのものですが、ゾクッとするものも結構ありまして、借りてきた夜は食事の後に家族揃ってガクブルします。 最初のテロップがまた気分を盛り上げますねぇ。 お祓いを済ませております・・・・・云々・・・・・霊障等の責任は持てないみたいな文言が流れて本編開始。中には本編中でもこれから流す映像は・・・まぁ危険だか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/02 18:37
ピエロって妙な怖さがある
ピエロって妙な怖さがある 道化死てるぜ! ふざけたタイトルではありますが、なかなか面白かったです。 子どもの誕生パーティーに呼ばれてきた出張ピエロ。この子ども達がまぁ生意気が奴らで、ピエロが余興をしても喜ぶどころか邪魔する始末。 とはいえ、ピエロもそれほど腕が立つわけでもなし・・・。 子ども達の一人が仕掛けた悪戯によって、悲惨な事故が発生→ピエロは死んじゃう。 月日は流れ、再び行われた誕生パーティーに、地獄から蘇ったピエロが復讐しにやってくるというお話。 とことん怖いかと言われれば違うんですが、殺し方は道... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/02 11:41
クンダ・・・カンダ・・・ナンダカンダ
クンダ・・・カンダ・・・ナンダカンダ 死霊のはらわたリメイク 最近はつまらないホラー映画の中で、この作品は結構気になってました。 映画館で観たかったのですが、上映している先が少し遠かったことと、家族で観る映画ではないので、セル版を購入しました。 最初はレンタルで良いと思っていましたが、オリジナルとリメイクがセットになった「死霊パック」なるブルーレイが発売されていたので、BD版のオリジナルにも興味があったことが理由です。 さてリメイク版 薬物依存症の妹を更正させるため、山小屋にやってきた兄と友人達。 地下で厳重に封印さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/03 18:13
至極まともな映画ですよ
至極まともな映画ですよ プライド・運命の瞬間 1998年の映画です。東条英機元首相に焦点を当て、東京裁判を通して日本の立場を主張していくお話。 この作品、上映前から戦争美化だのなんだのと騒ぐ「お花畑」連中から上映中止運動を起こされたエピソードがあるそうです。面白い奴らだな。反日作品に対しては、表現の自由だと主張するくせに。 ずいぶん前にビデオで観てるんですが、当時の私にはなかなか理解が難しかったようで、改めてDVDを購入してみました。 何故かレンタル店では見かけないんですよねぇ。なんか理由でもあるんでしょう... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/14 22:04
まむしの兄弟シリーズ
まむしの兄弟シリーズ 画像は「懲役十三回」 菅原文太=ゴロ政 川地民夫=不死身の勝 ふたりあわせて「まむしの兄弟」 ヤ○ザ映画でありながら、コメディー色の強い人情アクションとでもいいますか。 毎回、刑務所でお勤めを終えた政を、舎弟の勝が迎えに来るところから始まります。 ※来ない作品もある 二人とも戦争孤児で親の顔を知らず、戦後の焼け跡を生き抜いてきたようです。 作中で「おっかやん=母さん」を思うシーンが随所に見られます。 流れはパターン化しているものの、オツムが少し弱い兄弟のやりとりが面白くて好... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/16 10:10
透明にしちゃえば・・・
透明にしちゃえば・・・ 冷たい熱帯魚 1993年に発生した「埼玉県愛犬家連続殺人事件」がベースとなっています。 実際の事件はドッグブリーダーでしたが、この作品はアクアショップの経営者になっていて、チト設定が異なります。主人公は小さな熱帯魚店を営むおとなしい男。 ある事件がきっかけで、大型アクアショップを経営する「底抜けに明るい男、村田」と知り合うのですが、裏の顔はとんでもない極悪人だったって話。 設定は違えど、村田の言動や行動はベースとなってる事件そのものです。 タイトルでも書いた透明、これは殺害した相手... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/25 00:52
まだまだロートルとは言わせない!
まだまだロートルとは言わせない! ザ・エクスペンダブルズ 既に還暦を過ぎてるS・スタローンですが、観ているこちらが脱帽するほど格好いいです。 若い頃は上半身裸になり、鋼のような筋肉を見せつけてくれたものですが、さすがにそれはキツいのかな?とはいえ、半袖シャツから見える腕は全盛期を彷彿させる逞しさ、というか全盛期以上かも。 この作品、出ているメンバーがそれぞれ主役級で話題になりましたね。 スタローン演じる「バーニー」の脇を固めるのがジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ドルフ・ラングレン。 ロッキー4のドラゴっすよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/21 21:04
姥捨て山の後日談
姥捨て山の後日談 デンデラ 名作「楢山節考」とは別の地域だと思いますが、俗に言う姥捨て山のお話。 貧しい山間部の集落では、このような風習があったとか無かったとか・・・。 楢山〜は「御山」に行くまでのお話だったけど、この作品は御山に行ってからのお話。 村のしきたりに習い、70歳で御山に捨てられた「カユ:浅丘ルリ子さん」 雪の中で極楽浄土に召されるのを待っていると、何者かに助けられます。 目が覚めると、これまで御山に行って死んだはずの婆さん達が何人も! 捨てられた婆様達は「デンデラ」なる集落を形成し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/03 18:35
ノルウェー調査隊の攻防
ノルウェー調査隊の攻防 遊星からの物体X〜ファーストコンタクト〜 特撮映画史に残る名作、カーペンター版「遊星からの物体X」の少し前が舞台です。 カーペンター版の冒頭、TheShing(ソレ=生物に同化する未知の生体)に同化した犬を追いかけ、米調査隊に撃ち殺されてしまうノルウェー調査隊メンバー。 ファーストコンタクトは、そのノルウェー隊が宇宙船や謎の生命体を発見するところから始まるのです。 今作も様々なクリーチャーが登場しますけど、カーペンター版を観ていた人なら、同化されていくシーンでニヤリとするかも。 技... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/11 18:39
ありそうでなかった長編ゾンビものB
ありそうでなかった長編ゾンビものB ウォーキングデット シーズン3 我が家ではスカパー契約していないのですが、友人が録画したものを貸してくれました(感謝 シーズン2のラストでエゴ剥き出しのリックでしたけど、想像してたほど「オレ様」には変貌していなかったです。 ※ローリの腹が出産間近まで膨れていたのには驚き。 地獄のような環境を生き延びてきただけあって、メンバーもそれぞれ戦闘能力がレベルアップしています。特に成長著しいのがカール(リックの息子)で、刑務所の監視塔からウォーカーの頭を打ち抜くほど、射撃と根性のレベルが上がっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/03 09:02
これからどうする???
これからどうする??? バイオハザード リトリビューション ここまで続くと思わなかったですが、遂に5作目となりました。 前作登場したクリス&クレアの兄妹が登場しない分、レオンとバリー、そしてエイダ・・・。ゲームキャラ総登場ですわ。ジル・バレンタイン(シエンナ・ギロリー)が再登場するのは嬉しいんですが、私としてはあまり盛り上がりませんでした・・・。 オリジナルキャラもクローン?と思われる形で再登場するものの、な〜んか出す意味ないんじゃね?って感じで消えていくし、ラストは暴走するコンピュータと生き残った人類の最終... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/05 21:42
チューしまくりのエイリアン
チューしまくりのエイリアン スペースバンパイア 1985年のイギリス映画です。 76年に一回だけやってくる「ハレー彗星」にまつわるお話・・・懐かしい。 彗星調査をしていた宇宙船が、3体のエイリアンを発見したことから悲劇が始まります。このエイリアン、正体は蝙蝠の化け物なんですが、仮の姿は素晴らしくグラマーな美女! マチルダ・メイが仮の姿を演じていますけど、劇中の殆どが全裸っす。 おまけにDVD版はヘア無修正ときたもんだ。 こんな裸美女に魅入られたらうっとり、チューをせがまれれば断れません。 それが手口でして... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/25 19:02
おちょくり度100点
おちょくり度100点 猛獣WARS 動物パニックは好き、でも毎回騙されている・・・以前書いたことですが、未だに私は騙され続けております。 動物ものは上手いことジャケを作るから、どうしても「み、観たい・・・」と思ってしまうのです。 個人的にですが、猛獣WARSはここ数年で最も凄い作品だと思います。 凄いと言っても色々ありまして、この場合は「こんな屑作品を世に出した=凄い根性だ」という意味・・・。 ペットを含む動物が急に凶暴化(原因不明)し、人間達を襲うという単純な構図。 開始早々、飼い猫vs主のキッチン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/25 18:59
おいらにとって男の登竜門・・・だった。
おいらにとって男の登竜門・・・だった。 「エマニュエル夫人」で一世を風靡したシルヴィア・クリステルが亡くなったそうですね。 シリーズ化され、世の男達を虜にしたと思っています。 アダルトビデオがまだまだアングラの代物だった時代ですもんね。 ビデオデッキ自体も家庭にはまだまだ普及してませんでした。少ないデッキ保有の友達から「父ちゃんが録画してたエマニュエル夫人観ようぜ」 なんて誘われると、みんな揃って鑑賞しに行った記憶があります(笑 私の世代では、女性の裸に興味を持ち始めた男の登竜門ですよ。 今じゃありえないですが、裸体を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/21 18:31
理性のあるゾンビ
理性のあるゾンビ ゾンビヘッズ 主人公がゾンビという作品はいくつかありますけど、この作品はゾンビになっても理性を失わず、人も食わない。かつての恋人に思いを伝えようとする健気なゾンビのお話。 死亡後の実験?でゾンビ化した主人公。他のゾンビはお馴染みのゾンビウォークと唸り声なのに、会話もできるし思考も生前のまま。どういうわけか同じように喋れるゾンビ仲間と一緒に昔の恋人を目指します。 それなりに特殊メイクも頑張っているんですが、ホラー映画ではないですね。 もう一人途中からゾンビが仲間になるんですが、「死霊の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/29 22:17
ありそうでなかった長編ゾンビものA
ありそうでなかった長編ゾンビものA ウォーキングデット シーズン2 なぜかセルよりレンタル先行開始。それも全巻一緒じゃなく、前半だけでブッツリ→数ヶ月空けてから後半を開始するというムカつくやりかただったので、全部揃ってから借りてみました。 シーズン1のラスト、CDC(疾病予防管理センター)から逃げ出した生存者達のその後のお話。 前作よりも金掛かってる??と思えるほど、今回登場するウォーカー(ゾンビ)達も素晴らしい! しょーもないゾンビ映画よりもず〜っとハイレベルな特殊メイク。さすがはその部門でエミー賞を受賞しただけのこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/10 23:15
舞台はアフリカ
舞台はアフリカ 発売前から結構期待していたのです。 というのも、物語の舞台がゾンビ映画には珍しいアフリカであること。昨今流行の「走るゾンビ」ではなく、ノロノロ正当派であること。 予告編を見る限り、グロ描写も気合いが入っているということです。 オープニングからいい感じのゾンビが登場してくれましたよ。足を負傷したままゾンビ化したようで、膝から骨が露出してました。 広大なアフリカの平原に彷徨うゾンビってのは絵になるなぁ・・・ この作品のゾンビたちは、歩く速度がものすご〜く遅くて、カタカタと少しずつ迫って... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/09 21:48
伊賀忍法帖
伊賀忍法帖 懐かし映画です。オープニングの角川マークがまた懐かしさをそそる・・・ 山田風太郎氏の小説を映画化したもので、古き良き日本映画の特撮が随所に見られます。 正直あまり記憶にも残って無かったので、久々に観てみました。 主演は真田広之、ヒロインは渡辺典子。 私、角川三人娘の中では渡辺典子さんが一番好きでしたね。 薬師丸ひろ子、原田知世に比べると扱いが小さかったですけど、あーゆーお顔が好みなんですよ。 悪役の松永弾正には中尾彬、主人公の城太郎(真田)を陰から助けるサニー千葉、妖術男の果心居... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/19 22:59
わらの犬(リメイク)
わらの犬(リメイク) その昔、ダスティン・ホフマン主演で作られた作品のリメイクです。 オリジナルはカルト作品として有名で、リメイクについては過去何度か話があったみたい。 つまりようやく作られたと言うことですね。 少し前に書いたアイスピッド〜同様、リベンジもの。 リメイク版は職業設定など多少の変更点はありますが、全体の流れはほぼ踏襲していると思いました。 でも・・・なんか物足りなかったな。 勝手に膨らませすぎてしまったんだと思います。 あの作品のリメイクだし、現代版に置き換えてみれば、様々なシーンを過... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/10 09:01
丑三つの村
丑三つの村 丑三つの村 1983年作品 今は亡き、古尾谷雅人さん主演のノンフィクション作品。 1938年に岡山で発生した「津山30人殺し」を元とした物語です。 津山事件はその筋の話じゃ大変有名なもんですし、あの金田一シリーズの傑作「八つ墓村」に登場する無差別殺人鬼のモデルもこの事件。 どんな事件だったかは検索すればすぐ出てきますので、ここでは細かく説明しません。 さて、この「丑三つの村」 登場人物名は当然架空ですし、両思いになるヒロインの登場など、多少脚色しています。夜這いの風習や殺戮シーン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/06 22:23
ドーベルマン
ドーベルマン 強盗団vs警察のバイオレンスアクション。 お気に入りの作品なのですが、BD版が発売されているのを知りませんでした。 なにをさておき、モニカ・ベルッチが良いです。イタリアの宝石と言われる女優さんですが、イタリアに限らず、映画界全体でみても私は大好きです。 劇中では夫であるヴァンサン・カッセルと恋人役で共演してます。 カッセルが使うS&W M629かっけー! 小型ミサイルをぶっ放せるカスタム銃なんですが、これがゴツくて惚れ惚れします。 カッセル演じる”ドーベルマン”こと「ヤン」を筆頭... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/15 09:58
アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ
アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ 長い名前…訳すと「お前の墓に唾を吐く」 リベンジバイオレンスのカルト映画「悪魔のえじき=発情アニマル」のリメイク作品です。 オリジナル版は暴行シーンが問題となり、ポルノ映画として扱われた作品とのこと。なので私は観ていません。 舞台は人里離れた山小屋。静かな環境で仕事をしたい女性作家「ジェニファー」が主人公です。 ふとしたきっかけで、地元のゴロツキ共から狙われた彼女。 前半の見せ場は妥協の無い陵辱なんですが、これが結構控えめで拍子抜けします。 まぁポルノではありませんから、そのシー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/08 23:27
ピラニア 3D
1978年にジョー・ダンテが監督した作品のリメイク…そんな予備知識程度で観ました。 ずいぶん昔にオリジナル版を観た記憶はあるものの、正直内容は覚えていません。 一般的なピラニアではなく、生物兵器として造られたピラニアが逃げ出してパニックになったような…。 似たような作品で羽が生えた殺人魚「フライングキラー」もありましたね。 半漁人軍団が登場する「モンスターパニック」は印象深いです。 さて、リメイクされたピラニア。 ヴィクトリア湖で開催されるイベントで盛り上がる街が舞台です。 じつは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/07 15:48
ありそうでなかった長編ゾンビもの
ありそうでなかった長編ゾンビもの 観たいなぁと思っていた「ウォーキングデッド」が遂に発売されました。 予約していたBD版です。 まぁいわゆる「ゾンビもの」ですが、映画では無くTVドラマなので、シーズン1の全6話セット。 時間枠が長いぶん、人間関係等のドラマ性が細かく描かれていて見応えがあります。 作品内では「ウォーカー」と呼ばれる生ける屍達ですが、噛まれる→死ぬ→生き返る→頭部破壊で活動停止というおなじみの構図は守られているので、更なる怪物が出たりといったことは今のところありません。 基本的にはノロノロ歩きますけど... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/03 23:59
SF小説の名作
SF小説の名作 戦国自衛隊(1979年) もし戦国時代に、近代兵器を持つ自衛隊が行ったら…? 向かうところ敵無し!火縄銃は単発だし、戦国時代後期の大砲と違って、ロケット砲は炸裂弾。 馬しか無かった機動力だって比べものになりません。 数万の兵に対し、小隊が武器を駆使してどう戦うのか?有名なSF小説の映画化です。 原作と異なり、映画は武田信玄との「川中島の戦い」をメインに、タイムスリップした隊員達のそれぞれを描いていきます。 本能=欲望のままに生きたい派と、そんな境遇になっても秩序を守ろうとする派、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/06 23:35
鯨を絡めた「悪魔のいけにえ」
レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー なげータイトル... 舞台となっているアイスランドは、日本同様に捕鯨賛成国。 まぁ周辺諸国からお馴染みの猛批判を受けているようだけど、この映画はそんな「鯨はトモダチ!」と言う連中が餌食になっていくお話。 元々捕鯨で生計を立てていた家族。鯨が捕れなくなった今では土産品を作って細々と暮らしているんだけど、こいつらがヒューイット一家並のイカれっぷりで、喜び勇んでやってくるホエールウォッチャーを逆恨みして次々と…。 「鯨は観るもんじゃねぇ!捕っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/09 23:21
禁断の実験による悲劇
禁断の実験による悲劇 スプライス 製薬会社お抱えの科学者夫婦(クライブとエルザ)による禁断の試み・・・ ※以下ネタバレ あらゆるDNAを結合させて未知の生物を作り出す実験をしているのだが、あるとき法と倫理に背いた実験に手を出してしまう・・・それは人間と動物のDNA結合! 実験が成功し、誕生した彼女は「ドレン」と名付けられて急速に成長していく。 水中呼吸が出来るは、羽が生えるわですんげ〜クリーチャー! この作品はドラマ性も強くて、最初は実験目的だけでドレンを誕生させたエルザが、いつの間にか母性に目覚めて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/20 23:28
時代を超えて・・・
時代を超えて・・・ 妖怪人間ベム 「早く人間になりたい!」というフレーズ。変身しても格好良くないダークヒーロー。 私が生まれる前のアニメですから、子どもの頃見ていたのはもちろん再放送。 夏休み限定のアニメ番組とかで何度も再放送してた記憶があります。こういった特殊なヒーローは珍しいこともあり、妖怪人間ベムは記憶に残っているんですよ。 私的には変身したときのベラが強烈で、シャァァァ!と叫ぶ声もベムやベロに比べて印象深いです。 さて、今ではこの妖怪人間ベムがドラマとなって放送されておりますけど、ウチでは息子... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/16 00:16
怨霊退散
怨霊退散 ザ・ライト〜エクソシストの真実〜 エクソシストと聞けば、不朽の名作「エクソシスト」を想像してしまい、 取り憑かれた人物の首が回転したりとか、緑色の液体を口から吐き出すといったおぞましい光景を期待して観ると 拍子抜けしてしまう作品だと思う。 実際に悪魔払いを生業とする神父は居るわけで、キリスト教信者における「悪魔憑き」と呼ばれる現象は深刻みたい。日本でも昔から「狐憑き」などといわれる事象があって、神道やら霊媒師が追い払うみたいな生業が存在する。 そう考えてしまうと、宗教によって悪魔に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/06 10:27
後悔するほど凄まじい
後悔するほど凄まじい ネクロマンティック1〜2  ※画像は1 かなり前に観た作品なのだが、記憶を掘り起こしてみようかと。 死体愛好家(ネクロフィリア)を主人公に描かれる変態映画で、本国のドイツで上映禁止はもちろん、ネガフィルム等の破棄を命ぜられたという「いわく付き」 監督のユルグ・ブットゲライトは、この作品の影響で今でもドイツ当局から監視をされていて新作を作ることが出来ないらしい・・・。 それだけ「とんでもないものを観てしまった」と思わせる作品。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/17 23:29
格好いい俳優さんでした。
原田芳雄さんが亡くなりました。 先日の舞台挨拶に登場した際、驚くほど痩せていたので心配だったんですが、やはり状態は悪かったんですね。 多くの映画に出演された個性派俳優、私の中で原田氏の印象が強いのは「浪人街」1990年の作品です。 主人公の荒牧源内を演じていました。 共演者たちの顔ぶれも凄くて、勝新太郎、石橋蓮司、田中邦衛、樋口可南子ほか。 最後の大立ち回りに向かう際、源内は体中に刀を10数本巻き付けて行くんです。 石橋蓮司の居合い抜きも圧巻でしたよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/20 01:20
細菌兵器の恐怖
細菌兵器の恐怖 クレイジーズ 前にも書きましたが、ようやく発売になったので観ました。 1973年にジョージ・A・ロメロが撮った作品のリメイクです。私が観たのは大昔なので、詳しくは覚えていない・・・。 観ていて「あぁ、こんな感じだったっけ」という具合です。 軍が秘密裏に開発していた細菌兵器を積んだ飛行機が沼に墜落→汚染された水を飲んだ人たちが凶暴化するという話なんですけど、顔までグロテスクになっちゃうからもう怪物ですね。 オリジナルでは細菌兵器に「トリキシー」という名称が付いていたけど、リメイク版で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/20 02:06
悲しくも怖い復讐劇
悲しくも怖い復讐劇 ゆりかごを揺らす手 レベッカ・デモーネイがと〜っても怖い女性を演じます。 第二子を身ごもって産婦人科に通う主人公。そこで変態医者に遭遇してしまいます。 でも泣き寝入りはせず、しかるべきところに訴えてみれば、同じような経験をした被害者たちが現れて医師は自殺→変態医師の婦人だったレベッカは何もかも失ってしまうんですねぇ。 ショックのあまり授かった赤ちゃんまで流産してしまう、それが原因で挙げ句の果ては子宮摘出も。とことん不幸のどん底に落ちてしまいます。 そんなレベッカは、夫を訴えた夫婦を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/14 00:12
やっと主役だよぉ
やっと主役だよぉ マチェーテ グラインドハウスシリーズの予告編に出てた頃から気になってました。 元はフェイク予告だったんですけど、評判がよくて映画化が決定しちゃったみたいな。いやいや、監督のロバート・ロドリゲスは映画化の構想を持っていたみたいですね。 さてマチェーテ。主演は遂にダニー・トレホ。 個性の塊みたいな俳優さんですが、これまで多かった殺し屋系のイメージは変わっていません。 元捜査官という肩書きを持つくらいで、やることは全然変わってない(笑 マチェーテ=ナタを体の分身のように操って悪党どもを... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/16 00:11
刑事物語2〜りんごの詩〜
刑事物語2〜りんごの詩〜 気づけば100本目の映画関連レビュー。 シリーズ最大のヒットになった作品です。 ※以下はネタバレです。 前作の静岡から、青森弘前に転勤となった片山刑事。ある事件の捜査をきっかけに、リンゴ試験場に勤務する女性と相思相愛になります。 幸せになろうとしていた矢先、事件の主犯達によって恋人は殺されてしまうのでした・・・。 訃報を聞き、狂ったように「死ぬわけねーだろうがっ!」と何度も叫ぶ片山。 傷心の片山ですが、地元に住む母子家庭の少年と知り合い、いつしか父親のような存在になっていく。 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/24 21:55
迫り来るナチスゾンビ
迫り来るナチスゾンビ 処刑山〜デッドスノウ〜 山じゃなくて海に行けばよかった・・・。パッケージにはそんな文言が書いてあります。 その昔、ナチスドイツに占領されていた地域。極悪非道の限りを尽くしていたナチスに住民たちが反撃→ナチスは財宝とともに山に逃走、今でも山に住み着いているという伝説・・・ 何も知らず山小屋にやってきた学生たちが、ナチスゾンビに襲われるという単純明快な話です。 早い段階で「伝説」を学生たちに知らせるオヤジが登場するので、このオヤジが結構活躍するのかと思いきや、呆気なくナチゾンビによって殺... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/07 02:22
やはりフル画面は良い
やはりフル画面は良い ゾンビ ディレクターズカットのデジタルリマスター版 遅ればせながら入手しました。 フル画面表示ってのはやはり良いですねぇ。5.1サラウンドについては、正直あんまりよくわからない・・・ それなりの音響システムを揃えていれば全然違うんでしょうけど、ウチにそんな贅沢なものはありませんし。 旧Verで不満だったのは画面サイズですから、その点はとっても満足しています。 これまで数えられないくらい観てるので、おおよその字幕を記憶してるものですから、同じディレクターズカット版でも、Verによって... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/17 22:09
観てて辛くなった。
観てて辛くなった。 隣の家の少女 アメリカで実際にあった虐待死事件を元にした小説の映画化です。 執拗な虐待を受ける少女メグ、その虐待を知りながらメグに恋心を抱くダメ小僧デビッドの話。 私は小説を読んでいないので、映画を観る限りの感想しか書けませんけども、虐待を主導する中年女ルースは糞です。 また、その息子達や仲間達もそう。 デビッドも仲間の一人なのですが、立場が低いから暴走する小僧達を止めることができないのです・・・ 助けたいけど助けられない。そんなデビッドに対し、虐待で朦朧としたメグが一言 「気... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/22 23:01
シェリムーン可愛い
シェリムーン可愛い ロブ・ゾンビ版 ハロウィン2 前作はハロウィンビギニングと言いましょうか、殺人鬼マイケルの誕生を描いた内容でした。 今作はオリジナル版を彷彿させるシーンがいくつか出てきます。 ただ、ロブゾンビ版のマイケルさんはとにかく凶暴! フンッ!フンッ!と唸りながら、狂ったように何度も刺しまくるんですねぇ。 オリジナル版の血が通ってないような怖さじゃなく、完全に暴走モード・・・パワーを活かした攻撃も、プロレスラーが演じているだけに説得力あります。 〜ここからネタバレ〜 さて、前作で鉛玉を食... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/12 22:49
賛否あれど、私は好き
賛否あれど、私は好き ロメロの新作。サバイバル・オブ・ザ・デッドです。 ゾンビが発生してから数週間という設定になっており、前作の「ダイヤリー・オブ・ザ・デッド」で追い剥ぎをしていた軍人が主人公。 ゾンビが溢れる市街地から、理想郷を求めてとある島に向かうのですが、その島ではよみがえった死者を始末せず、生前のように扱っているという異様な光景・・・ 島の有力者同士が犬猿で、ゾンビを始末するorしないでモメてます。 物語自体はかなり小さい内容なので、この作品の評価は様々のようですけど、私は前作から続く『破滅前の世... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/10 18:28
大儲け!
大儲け! パラノーマル・アクティビティ 制作費が135万!んで興行収入は95億円というから驚きです。 監督の家で撮影し、キャストも素人だそうな。 たしかに主人公は美人でもなく、スタイルが良いわけでもない・・・だからリアルなんだと思います。 多くは夜間の寝室を撮影するシーンなんですが、私的には主人公の女性が2時間もただボ〜っと立っているのが不気味でした。本人は無意識みたいなんですよね、その後、フラフラと一階に降りていき悲鳴が聞こえる。 途中で超常現象がハッキリと確認できてるのに、そういった専門... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/17 21:02
そっちに行ってしまったか・・・
そっちに行ってしまったか・・・ REC2 ※ネタバレ 前作は原因不明の病原菌?に感染した人間が凶暴化して襲ってくるというまぁよくある話。 感染拡大を防ぐためにアパート自体が厳重に閉鎖され、中に残された人間達のパニックを見事に描いていたと思う。私は『手ブレ』が苦手なんだけど、それでも作品としては面白かったので、前作のラストに現れた「アイツ」は何なんだ!?続編で明らかにされるなら是非観たい!そんな衝動に駆られてDVDをセットした・・・。 閉鎖したアパートに数人の男が入っていく。一人は政府関係者で残りは特殊部隊。うんうん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/28 23:08
買おうかな、いや買うべきだ、買おう!
買おうかな、いや買うべきだ、買おう! ゾンビ ディレクターズカット版 HDリマスターVer スティングレイのBOXを欲しいと思い続けながら買いそびれ、途方に暮れたけど単品で発売! 販売元はスティングレイじゃないけれど、数あるVerの中でディレクターズカット版が一番好きな私としてはこの際どうでも良い。 10月2日発売だが、同日はロメロの新作「サバイバルオブザデッド」も発売されるんだよなぁ・・・。一緒に欲しいけど、その時の財布次第だな・・・今の気持ちでは断然リマスター版を優先する。 リマスター版は日本語吹き替えも入ってて、ピ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/28 22:29
伝説のカルト作品
伝説のカルト作品 ウイッカーマン:1973年作品 ニコラス・ゲイジ主演でリメイクされたほうは観てません…。 伝説的カルト映画と言われ、なかなか入手できずにおりましたけども、知人からDVDを譲っていただきまして、ようやく観ることができました。 怪物も殺人鬼も一切登場しないのですが、ある意味怖い… とある島に事件の捜査でやってきた警察官、彼は敬虔なクリスチャンです。私はキリスト教徒じゃないのでよくわかりませんが、話の中で想像すると筋金入りのタイプみたいです。 しかし、ここの島民達はキリスト教徒ではなく、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/28 21:52
悔い改めてぇ奴は十字を切りやがれ!
悔い改めてぇ奴は十字を切りやがれ! 二代目はクリスチャン なんか思い出映画が続きそう・・・ 今は女優業を引退された志穂美悦子さん主演のコメディー任侠映画です。 コメディー任侠と表現するのが正しいかどうか不明ですが、レンタル屋では喜劇じゃなく任侠のコーナーにありました。かなり現実離れしたストーリーではあるものの、笑いあり、涙あり、血生臭い抗争あり・・・おもしろい! 志穂美さんが演じるのは26歳で『未経験』のシスター今日子。 その今日子を巡って火花を散らすのは、天竜組のボンボン晴彦(岩城滉一さん)と刑事で寺の次男坊神代(... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/14 23:11
報われない、悲しすぎる・・・
報われない、悲しすぎる・・・ ミスト 原作と異なる点がいくつかあるそうですが、読んでないのでわかりません。 突然街を覆い尽くした「霧」 その中にうごめく未知の生物・・・ 密室に閉じ込められた人間達の心理を描いた作品です。得体の知れない生物は怖いけど、私は恐怖から精神が壊れていく人間達のほうが怖かったですよ。 「全ては神を冒涜した報い」と叫ぶ宗教狂いの中年女に、人間達が傾倒していく様は「おいおい、みんなどうしちまったんだぁ?」と叫びたくなります。 しまいには生け贄を捧げれば怪物は襲ってこないとのたまうクソ女に、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/06/11 01:54
やっぱ名作だわ
やっぱ名作だわ 魔界転生 久々に観たら書きたくなりました。 原作と異なる部分が多いので、別物として観なきゃいけません。転生術を編み出した森宗意軒や、由比正雪といった、原作における重要人物は登場しませんし、剣豪の一人である荒木又右衛門、田宮坊太郎なども登場しないのです。 でも、簡略化したストーリーを補えるほどのキャスト陣! まずジュリーの天草四郎・・・いいですねぇ。原作だと天草四郎は宗意軒の弟子に過ぎない存在ですが、映画では悪の首領。 彼の秘術によって名だたる剣豪達が転生衆となって蘇ります。 「柳... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/10 23:24
ホッパーが逝った・・・
デニス・ホッパーさんが亡くなりましたね・・・ ランドオブザデッドで元気な姿を見たけど、既にあれから数年。癌というのはあっという間に体を蝕んでしまうのだと思いました。 ホッパーといえば ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/06 19:04
豪華布陣の連合艦隊
俳優の佐藤慶さんが亡くなられたそうです。もう81歳だったんですね。 この前の森繁さんもそうですが、訃報を知って思い出す映画があります。 それはコレ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/09 22:11
殺戮を楽しむライオン達の話
ゴースト&ダークネス 1898年、実際に起こった「ツァボの人食いライオン」を映画化したものです。 舞台は列強による植民地支配が盛んだったアフリカのウガンダ。 大英帝国による鉄道建設で、ツァボ川に橋を架ける際、2頭のライオンによる襲撃事件が発生します。実際の事件では、映画の主人公でもあるパターソン大佐が撃ち殺すまで約9ヶ月、述べ130人以上の人達が犠牲になったという話も・・・ 映画に登場する2匹の雄ライオンは、現地の人達から『ゴースト&ダークネス』と名付けられるほど、劇中では通常のライ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/07 18:07
フィクションだから許される
『鬼畜』1978年作品 松本清張の小説を映画化したものですが、まぁとにかく岩下志麻さんがおっかない・・・ 小さな印刷屋を営む宗吉(緒形拳)は、妻のお梅(岩下志麻)に隠れ、愛人である菊代(小川真由美)との間に3人の子どもを設けています。火事による設備の消失と、顧客を大手の印刷会社に奪われ経営は火の車。 菊代を囲う金も滞る始末・・・ある日、菊代は3人の子どもを連れて宗吉の印刷屋を訪れるのでした。 菊代は子ども達を宗吉に預けて蒸発、怒りのお梅は子ども達に当たり散らします。これが凄くてまさに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/23 00:20
「魔女」シリーズ完結
サスペリア・テルザ 最後の魔女 Dアルジェント監督の魔女シリーズ完結作品です。名作「サスペリア」から「インフェルノ」。そしてこのテルザ。 主演のアーシア・アルジェントは監督の娘さん。気のせいか、老け込んだような気がする・・・ 内容は古の邪悪な魔女「涙の母」の復活に対し、亡き母親から「白魔女」の能力を受け継いだサラ(アーシア)の戦い。 アルジェント作品らしく、随所で凄惨な殺害シーンが繰り広げられます。腹かっさばいて内臓が落ちちゃうとか、ドアに挟まれて目ん玉飛び出しとか・・・ でも、目... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/17 11:35
ようやく観れました。ハンガーヌンチャク
刑事物語 なかなかDVD化されなかったこの作品。記念すべき第一作目は、昨年ようやくDVD化されました。続編は今月末に発売となります。 一作目を初めてテレビで観た時の印象が強く残ってました。オッパイ出まくりだからかも(笑 不器用で冴えないけど、怒れば蟷螂拳が炸裂する刑事&耳が不自由だけど美人な元風俗嬢の物語。 武田鉄矢演じる片山刑事は正義感の固まりだから、怒りに我を忘れてやりすぎちゃう・・・それが原因で遠方に飛ばされちゃうんですよねぇ。 ※警察官は地方公務員だから現実にはありえないん... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/15 23:49
独の英雄だそうです。
ワルキューレ 正確には「ヴァルキューレ計画」というもので、国内における叛乱が起こった際、国防軍・武装親衛隊等、全ての武装集団を予備軍の指揮下に置き、戒厳令を布告して政府の全官庁、党機関、交通・通信手段、放送局、軍法会議の設置まで全てを掌握するという作戦の隠語です。 1944年に実際にあった「ヒトラー暗殺計画」を描いた作品で、主演のトム・クルーズが演じたシュタウフェンベルク大佐は、戦後のドイツにおいて、ヒトラーへの抵抗運動の英雄となっているそうです。 まぁ背景はいいとして、作品自体は臨場... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/06 21:25
CGで甦る!『CLASH of the TITANS』
この作品がリメイクされるそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/11 19:00
大往生
日本映画界の重鎮、森繁久弥さんが老衰で亡くなったそうです。 96歳だそうですから、大往生ですね。 最近はお歳のために表舞台から遠ざかっておりましたけど、在りし日の名演は数々・・・ 私は日本映画の戦争物を好んで観ます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/11 00:36
ようやく見終わりました。
サラ・コナー クロニクルズ〜セカンドシーズン〜 既に地上波で放送始まってるし・・・ ファーストシーズンのように派手な立ち回りが少なくなったせいか、視聴率がガクンと落ちて打ち切りに・・・ たしかに、途中から「この先どんな展開にしていくつもり?」と思える雰囲気でした。 なんと言いましょうか、メタル自体がジョーカーのような存在ですから、メタル同士の壮絶なバトルを通り越してしまうと、その後の展開が難しいですよね。 個々の登場人物の話を掘り下げていくのは別に悪くないんですが、中途半端になって... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/03 21:17
ノーカット版が観たい。
血のバレンタイン 〜1981年のカナダ映画〜 ちょうどこの前後は13日の金曜日やハロウィンなど、スプラッター量産期でして、豊富なキャラ達が次々と登場した頃です。 舞台は炭坑の町、20年ぶりに再開されるバレンタインパーティー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/30 00:29
ベッキンセイルはいないけど・・・
アンダーワールド ビギンズ 次は吸血鬼vs人狼の最終戦かと思いきや、お話は数世紀前に戻ってしまいました・・・ 今回の主役は人狼族の長、ルシアン(マイケル・シーン)。 一作で少しだけ触れたライカン達の過去をメインに、数世紀に及ぶ戦いの始まりを描いてます。 吸血鬼の長、ヴィクターの娘であるソーニャに瓜二つという設定だったケイト・ベッキンセイルは出ません・・・。 ※正確には少しだけ登場しますが、物語には絡まないです。 私生活でマイケルとケイトは既に破局してますから、仕事とはいえ競演は難... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/28 19:56
もう少し工夫が欲しい・・・
13日の金曜日【リメイク版】 元祖では既に宇宙進出を果たしているジェイソン(笑 本作は原点に戻り、クリスタルレイクを舞台にした内容です。 冒頭でパメラ(※ジェイソンの母ちゃん)が連続殺人→最後の生存者に首を落とされるシーンから物語スタート。 その後、既にジェイソンが都市伝説化した状態。 犠牲者はお馴染み「お気楽若者」がメインで、次から次へと殺されていきます・・・ ちょっと意外だったのは、湖周辺の住人がジェイソンの存在を知っているような雰囲気だったことですね。 知っててひた隠しに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/24 22:30
サム・・・逝く。
ゴースト〜ニューヨークの幻〜見たなぁコレ。公開当時は嫁さんと付き合ってた頃ですわ。 そういう頃って恋愛映画に凄く感動してしまうもの・・・今は全く感動しなくなってしまいました。恋愛ドラマもそう。何故でしょう? そんな話は置いといて、サム役のパトリック・スウェイジさんが亡くなりました。 57歳、ガンを患っていることは知っていたけど、まさか亡くなるとは・・・ 「ゴースト」にて、恋人であるモリーを必死で守り抜こうとする姿が良かったですね。触れたいのに触れることの出来ない切なさ・・・何度も観た... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/15 22:23
女囚さそりシリーズ
第3作の「けもの部屋」 まず主人公の松島ナミ=サソリを演じる梶芽衣子さんがとっても美しい! 劇中殆ど喋らないんですけど、存在感が凄いんです。 話はありえないような日本の刑務所・・・えん罪で収監された松島ナミ(通称サソリ)は脱獄の常習犯として、所長を初めとした刑務官達から日々虐めにあってます。 一部の囚人達からも同様の仕打ちを受けますが、無表情のまま耐え続けて逆襲。まさにクールビューティーですよ。 そんな怨みを蓄積して脱獄→シャバで復讐を遂げる時はパッケージの衣装になるのですが、綺麗... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/08 19:09
ただのパニックではない。
アウトブレイク 毎日のように新型インフルエンザの話を耳にしますが、対処法のない未知のウィルスだった場合、この映画のようなパニックに陥るのかもしれません。 作品で描かれるのはエボラ熱の亜種みたいなやつで、感染→数日で死に至るもの・・・目や鼻から出血し、もはや死を待つだけの描写が恐ろしいです。 単なる感染パニックに終始しないのが秀作でして、未知のウィルスではなく、じつは軍が関与していたという闇の部分が存在し、サスペンス要素も強い作品です。 D・ホフマン、レネ・ルッソ、M・フリーマン。パッ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/04 18:39
リメイクじゃなくて別物だと思う
デス・レース 凶悪犯が収容されている孤島の刑務所。 その刑務所内で行われる過激なサバイバルレースのお話です。 カルト映画として名高い『デスレース2000』のリメイク版とされていますが、あらすじは全く別物になっていて、引き継いでいるのは登場人物の名前ぐらいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/11 22:40
ロブ・ゾンビ版のマイケルさんは・・・
見た目がかなりゴツイと思いました。オリジナルのマイケルさんもタフな男ですけど、こっちは見るからに怪力無双って感じ。 殺人鬼マイケル・マイヤーズがどのようにして生まれたか?ってところから物語が始まるので、お馴染みのラバーマスクを被っていても、どこか人間らしさが出ているような・・・別に悪い意味じゃないです。 オリジナル版のマイケルさんは、底知れぬ不気味さがあって、まさに血も涙もないって雰囲気だったから、こちらは新鮮味を感じた次第です。 キャストがまたマーダーライドショー2からそのまま来たの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/07 21:10
結構面白かった
ゾンビ・ストリッパーズ 秘密裏に開発された細菌兵器?感染した兵隊が逃げ込んだ先は、違法営業のストリップ小屋・・・発症した兵隊が人気ストリップ嬢を噛んでしまうんですが、ゾンビになって甦ったら最高のダンスが出来て客にバカ受け! 喝采を浴びたい他のストリッパー達も噛んでもらい、どんどんゾンビストリッパーが増えていくって話。 ※女性が感染した場合、理性が残るようです。 全体的にはコメディーホラーと言ってもよい展開なんですが、ゴアシーンは結構気合いが入っていて凄いです。最初は艶やかだった体が、... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/02 23:03
キャノンボール2
思い出映画・・・ 先日お亡くなりになったファラ・フォーセットさんが出演してたのは「1」なんですが、所有してるのは「2」。 記事を書いてたら久々に観たくなりまして、すっかり棚の定位置に収まっていたDVDを引っ張り出しました。 公開当時、ジャッキー・チェンが大人気だったこともあり、わざわざ映画館まで観に行った作品です。パンフも日本向けにジャッキーの全体写真が表紙になってましたが、この頃のジャッキーは他の出演者に比べてずっと知名度が低かったんですよね。 バートレイノルズ、サミーデーヴィスJ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/30 23:49
驚いた&残念だ・・・
マイケルジャクソンが亡くなっちゃいましたね・・・突然のことで驚きました。 アルバム「スリラー」は英語も知らない年齢にも関わらずよく聞いてました。あの頃のマイケルはカッコ良かった・・・夜中のテレビでスリラーのプロモーションビデオが流れるという話を聞けば、眠い目をこすって起きてたものです。さんざん待った挙げ句、ダイジェスト版が流れてムカついたことも多々。 80年代は洋楽にハマリまくってたなぁ・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/26 23:06
苦笑いしてしまう
ゾンビナイト パキスタンがインドに核ミサイルを発射したという衝撃的なニュースが流れ、世界がパニックに陥ってる頃、何故がアメリカにはゾンビが現れるへんてこな話。 ミサイル云々はどーでもいい。 ロメロゾンビだって発生理由ははっきりしないままなんだから、そんなことは重要ではないと思う。ある建物に籠もって、増えるゾンビに対抗するパターンは悪くないのだが、とにかく役者の演技が学芸会レベルで酷すぎる・・・ 途中で力尽きたのか、展開していく話もどんどんチープに・・・ ゾンビ達が入り込まないように... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/15 23:26
フランス版『悪魔のいけにえ』
フロンティア 銀行強盗をした面々が国外脱出を図る→立ち寄った国境近くの宿に住むのは、ナチス崇拝のイカれた一家だったと言うお話。 フランス版『悪魔のいけにえ』です。ハイ。 一家の父親が、家族の純血を守るとか言ってましたけど、捕らわれた銀行強盗メンバーは次々に殺されてしまい、生き残ったのは唯一の女性でしかも妊娠3ヶ月。妊娠してたから殺されなかった?みたいな。 純血の意味が良くわかんないです。 異常な一家からの脱出を試み、血みどろの攻防が始まる・・・18禁だけあって、血の量は凄いと思いま... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/01 23:06
海を見たくなりました。
the波乗りレストラン 知人から薦められて観ました。 知人と言っても私よりずっと年上の愛すべきオヤジさんです。サザンの30周年記念ドラマだけど、30年前がちょうど青春時代だった人。学生時代からサザンと湘南が大好きで、今でもたまに行くんですって・・・湘南まで。 ※新幹線に乗ってまで湘南に行くんだから相当好きなんでしょうね。 海を眺めているだけで心が安らぐ・・・何か判る気がします。 嫌なことがあると、私も行きつけの【テトラポット】に寝そべって海を眺めていた時代がありました。湘南じゃなく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/27 20:35
悲しい少女の物語
キャリー 宗教狂いの母親から徹底した教育を受け、超が付くほど内気な性格の少女「キャリー」を演じるのはシシー・スペイセク 人と打ち解けることが苦手なキャリーは、いつもクラスメイトから酷い虐めを受けている。 家に帰れば母親からの折檻・・・ほんと可哀想。 そんなキャリーだが、じつはとんでもない超能力を持っていた! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/22 23:44
可愛いターミネーター
ターミネーター サラ・コナークロニクル〜シーズン1〜 ターミネーター2から5年後の世界を舞台にしたTVドラマ。 これまでのゴツいタイプじゃなく、女の子タイプのターミネーターが登場するんだけど、これが見続けているうちに全く違和感が無くなっちゃうほど素晴らしい。 キャストがみんな変わってしまっているから、俳優自体に思い入れがある人にとってはどうだかね・・・私は気にしないから一気に観ちゃった。 海外ドラマってやっぱり金掛けてるから凄いな。そんなに食いついてるわけではないから、全てがそうだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/17 18:48
象が踏んでも壊れない?
デス・プルーフinグラインドハウス 監督のタランティーノもチョイ役で出演してます。 デス・プルーフ=防死処理を施した改造車。 ド派手な追突をしても運転手の命は守られるほど頑丈な車に乗った殺人鬼をカート・ラッセルが演じてます。場所はテキサスなんだけど、前半はどうでもいい会話シーンばっかりでタルなぁ・・・いよいよ殺人鬼が本性を現すと、メインキャストと思っていた女の子達があっけなく殺されちゃいます。最初の犠牲者はプラネットテラーのヒロインなんですが、知らずに乗ったデスプルーフが猛加速→急ブレ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/14 22:24
かなり怖いゾンビ
『悪魔の墓場』 1975年の作品ですけど、背後からジワジワと迫ってくるような恐さが好きです。 スペインとイタリアの合作ですが、物語の舞台はイギリス。ユーロゾンビの先駆けと言っても良いのではないでしょうか? 元ネタはロメロのナイト・オブ・ザ・リビングデッドらしい。 超音波を使った害虫駆除機の影響で死体が甦ったという設定なんですが、作品が作られた頃はゾンビに対する概念が曖昧だったのか、かなりオカルトチックなゾンビです。 例えば写真に写らないとか、ゾンビが自分の血液を死体に塗る→その死体... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/10 00:12
題名は変えたほうが・・・
【デイ・オブ・ザ・デッド】のリメイク版 微妙・・・ロメロ作品のリメイクとうたっていながら、ゾンビの発生源は細菌兵器の感染によって人間が凶暴化→ゾンビになるという内容。 流行の猛ダッシュで襲ってくるゾンビは時代の流れか・・・それどころか壁や天井を這ってくるスバイダーゾンビまで出てくるのはどうかと思う。 本家に登場した賢いゾンビの「バブ」を意識したと思われる【ベジタリアンゾンビ】なんかも登場するんだけど、どうしても本家のイメージが強すぎてしまい、作品中良かったのはヒロインの「サラ」が可愛い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/06 03:20
原点回帰の傑作だと思う
ダイアリー・オブ・ザ・デッド/プレミアムエディション タイトルの通り、監督のジョージ・A・ロメロは「原点に戻った作品」と特典映像で言っていた。ナイト・オブ・ザ・リビングデッド、デイ・オブ・ザ・デッド(ゾンビ)、デイ・オブ・ザ・デッド(死霊のえじき)の『ゾンビ3部作』では、作品の度に人間とゾンビの数が逆転していった。ゾンビ出現から世界の破滅までを描いた作品群なのだ。 このダイアリーは一作目であるナイト〜と同時期、死人が甦って襲うという現象が認知されていない。そんな中、現実の恐怖に遭遇した若... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/27 20:13
逃れられないもの・・・
『FINAL DESTINATION:DEATH TRIP 3D』 新作の公開はずっと先なんでしょうけど、毎回これでもかと言うぐらい凄惨な【死に様】を見せてくれるこのシリーズ。大惨事を予知してしまい、その中で亡くなる人間が次々と不可解な事故で死んでいくという内容です。 これまでのシリーズはどれも良かったけど、個人的には2作目の「デッド・コースター」が凄かったですね。ハイウェイで大規模な玉突き衝突シーンも圧巻だったけど、生き残った面々が次々に不慮の死を遂げる様は、思わず画面から目を背けるよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/21 18:41
ドリフの映画
ザ・ドリフターズの極楽はどこだ!! ドリフの映画は松竹配給と東宝配給で21作品もあるんです。寅さんシリーズもそうだったように、当時は1年で2本ペースで上映されてたんですね。 時期的には2本どころか4本なんて年もありました! 子どもの頃にはこれらの作品をテレビで放映してて、荒井注さんが出演してる意味がわからなかった。 ※注さんが活躍してた頃は、物心が付いてませんでした… いくつかの作品を観てるのですが、もう所々しか記憶がありません。知人から譲ってもらった2作品のうち、繰り返し観てしまう作... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/17 19:14
天文学的な額の賞金首
【スペースアドベンチャー コブラ 劇場版】 1982年の作品ですから、もうだいぶ古いんですけどね。 最近は新たにDVDが発売されていて、欲しいんだけど30分もので単価6000円強はチト高い… ですが、もう何年も前に購入した劇場版は後生大事にコレクションしてます。 『ロイヤル三姉妹編』を、原作と異なる『フラワー三姉妹』なる劇場版オリジナルにしているのですが、2時間で上手くまとまっていると思っています。 原作では海賊ギルドの傘下である「スノウ・ゴリラ」のサンドラがコブラの味方だったりし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/15 19:54
記憶に残る男…
ダニー・トレホ 様々な映画に出演してる俳優さんですが、かなり個性的なお顔立ちなので記憶に残ります。 役柄の多くは殺し屋系…これが一番ハマってる。 デスペラードやスパイキッズの監督であるロバート・ロドリゲスとは従兄弟なのだそうで、監督の作品に数多く出演してます。 他にもアナコンダとかコン・エアーとか… 役柄同様?ご本人は過去に刑務所を出たり入ったりの荒れた生活をしていたんですって! それが演技に活かされているのかもしれません(笑 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/14 18:28
今更ながら…
『Night of the Living Dead』と ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/08 00:43
ワニは100歳!
カニングキラー 殺戮の沼 動物パニックものには、これまでかなり煮え湯を飲まされている私。ショボイ被り物やCGを観て、パッケージに騙される自分をいつも責めるわけです。 興味を持つ動物パニックは熊>サメ>その他…う〜ん、蛇はそんなに魅力を感じない。 その他でかなり印象に残っているのは「猛獣大脱走」という作品。動物園の飲料水に薬物が混入し、それを飲んだ動物達が凶暴化するお話。コンピュータ制御の檻が開いてしまい、街中に猛獣が繰り出して襲いまくるんです。 全てを鮮明に記憶してるわけじゃなく、凶... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/30 20:59
片足マシンガンねーちゃん
プラネットテラー ホラージャンルの棚を探しても見つからなくて、お店の人に尋ねたら【アクション】のジャンルにありました。 ウイルス感染者は肉体が崩れ、正常な人間を襲って食う…ゾンビなんでしょうけどチト違う。ゾンビという表現はしてなかったと思います。普通に体を撃てば倒せるみたいですし。 アクションホラーなんでしょうけど、怖いだけという内容ではなくて、ところどころにコメディ要素も含まれている作品だと思います。 出演者もそうそうたる顔ぶれで、ブルース・ウィルス、マイケル・ビーンが脇役なんです... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/27 23:31
いつ観てもカッコイイ
※画像は「madmax2」 メル・ギブソンの出世作です。 私は第一作目と二作目が好きですねぇ。 「1」はそうでもないけど、「2」は完全に199X年(※公開当時) 一作目の後に世界戦争が起こり、その影響で石油が枯渇。暴力が支配する世界になってます。まさに「北斗の拳」の世界観ですが、北斗の拳自体がこの映画に影響を受けて作られたのは有名な話。 そのせいか、登場人物にもそんな描写があります。 例えばバットの母親を殺害する暴走族の首領「ジャッカル」は、第一作目に登場する悪の親玉「トゥーカッ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/20 09:33
変わっていく『市』
『座頭市 デジタルリマスター版』 金髪の座頭市は知ってたけど、最近は女性の座頭市も居たそうで… さらに今度はジャニタレが「市」を演じるんだそうです。 それはそれで時代にウケるものであれば良いのでしょうが、私にとっての「市」は勝新太郎さんしかいません。 この作品、今はもう跡形も無い仙台松竹劇場で観ました。 子どもの頃に親父とチャンバラごっこをやりますと、何故か親父は「座頭市だ」と言ってその仕草をするもんで、映画を見たことはないのに【盲目で仕込み杖を持った居合いの達人】という基礎知識は... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/17 19:42
リアルで怖い
『ミザリー』 なんでこれまで取り上げなかったのか?と思って書いてます。 原作はスティーブン・キング。原作読む前に見たので、いつものガックリ感は全くありませんでした。 女性を主人公にした『ミザリー』シリーズで有名なベストセラー作家のシェルダンは、コロラドの山奥でシリーズの最終原稿を書き終えます。 その帰り道で事故に遭ってしまい、偶然助けてもらった女性アニーの看病を受けるのですが、彼女は狂信的と言えるほど『ミザリー』のファンだったのです。 アニーは助けた人物がシェルダンと知って大喜び、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/12 23:26
血みどろグチャグチャ・・・でも笑える。
ブレインデッド 後年「ロード・オブ・ザ・リング」で世界的な監督となるピーター・ジャクソンのメジャーデビュー作品。 初めて観たのはまだビデオ版、このパッケージが妙にエロチックでねぇ。 裏面を見ると、ゾンビ同士がエッチして子どもが産まれて云々なんて書いてある・・・裏の映像ショットにあった赤ちゃんゾンビはパッケージの顔とおんなじだし、そりゃあ「この美しいナースが!?」って期待すんのも当たり前。 でもそんな下心は見事に裏切られた・・・実際登場するナースはオバチャンなのさ・・・そんなシーン見た... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/10 22:44
私のスプラッター起源
『死霊のはらわた』 原題はThe Evil Dead。言わずと知れたスプラッター映画の先駆作品。 これでもか!これでも死なないのか!ってくらいの強敵です。 主人公であるアッシュを含む2組のカップルと、アッシュの妹シェリル。5人で山小屋でのバカンスを楽しもうとやってくるのだが、地下室で偶然見つけた「死の書」と「テープレコーダー」。テープを再生すると『カンダ・・・アマントス・・・カンダ・・・アナタガ・・・カンダ・・・コユビガ・・・イタイ・・・』後半はテキトーだけど死霊を甦らせる呪文が・・・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/08 02:16
たしかにタランティーノ・・・
『ウルトラバイオレンス 処刑人セーラ』 裏面に書かれていた文句が素晴らしい。 「キル・ビル」×「処刑人」×「シャイニング」 非業の死を遂げた美人OLの復讐劇を描く、アクションホラー最新作!! んでこっからがポイント 「鬼才P・タランティーノが放つ、斬新かつスリリングな復讐物語」 パッケージは見た目がキル・ビルみたいな雰囲気出てるし、監督はタランティーノ・・・ どうやら私は「P」を見落としたランティーノ・・・・ クエンティンじゃなくてポールなんだって。あんただ〜れ? 衝動買い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/03 23:03
これはダメだよ・・・
『デイ・オブ・ザ・デッド2』 評判が悪い作品ではあるものの、一度観てみないと何とも言えないので、旧作扱いになってから観た。ぶっちゃけ前評判通り・・・ ロメロ版「デイ・オブ・ザ・デッド(85年)」の続編でもないし、関連性も全く無し。なんで同じ名前を使ったのか?と腹立たしくなってしまった。この名前を使えば、ホラー映画好きならロメロ版を思い出す・・・それが狙いなのだろうが、前作が好きなだけに酷すぎる。 ロメロ版は予算が少なかったため、本来のストーリーを大幅に変更するしかなかったとロメロ監督自... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/01 18:11
サンゲリアとゾンゲリア・・・どっちも邦題
ラムネのサンガリアではなくて「サンゲリア」 ロメロの「ZOMBI:Dawn of the dead」が公開されて波及した亜流ゾンビの一つなのだが、これがまた出来が良くて傑作と言われている。 原題は「ZOMBI2」であり、ロメロ作品の続編みたいな名前だが全く繋がりはない・・・ 監督のルチオ・フルチさん、イタリアンホラーの巨匠として、この作品後も「地獄の門」とか「ビヨンド」とか内臓グチャグチャの映画をいくつか作る。これらはフルチ三部作とか言われてるんだけど、私見ではグロいだけという印象。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/02/24 20:20
バタリアンは「1」と「3」が好き
このシリーズ、現在パート5まで制作されているが、記念すべき第1作は1985年のコレ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/23 19:42
リメイクであっても・・・
最近は過去の名作と言われる作品が次々にリメイクされています。テキサスチェーンソー、ハロウィン、13日の金曜日・・・リメイク版でガッカリするのも多いのはあって「ザ・フォッグ」などはその典型でした。 そんな中で「おっ」と思える映画がリメイクされると知りました。 それはコレ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/02/21 13:33
続、色褪せない特殊技術
遊星からの物体X:ジョン・カーペンター監督 1982年の作品ですからもう27年前。 舞台はアメリカの南極観測隊基地です。ある日、一匹の犬がノルウェー観測隊に追われながらやってきます。何とかして犬を殺そうと発砲するノルウェー側と、わけもわからず混乱する アメリカ隊員達・・・止めようとしても発砲してくるため、仕方なくノルウェー隊員を射殺してしまうんです。 調査のために向かったノルウェー基地で発見したのは、あきらかに人体とはかけ離れた変形を遂げている男の焼死体でした。 一方アメリカ基地で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/02 19:12
色褪せない特殊技術
【狼男アメリカン】 購入当時は凄く臭いマウスパットが初回特典?で付いていた・・・今はボール式じゃないので、もちろん使っていない・・・ イギリスを旅するアメリカの青年二人、デビッドとジャック。 ふと立ち寄った村には隠し続ける秘密があった・・・無愛想な酒場を後に荒野を歩く二人だが、酒場で忠告されたことをすっかり忘れてしまう。 それは『必ず道を歩け、荒野は歩くな』 忠告されたことに気付いた二人の前に現れたのは・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/13 20:34
『...OF THE DEAD』
昨年公開された『DIARY of THE DEAD』に続くロメロ監督作品。 舞台は米国のある離島で、前作よりもアクションシーンが多いようです。既に海外サイトでは映像クリップが観れますけど、ランドオブザデッドに出てたクールベイカー(だっけ?)軍服のオッサンが派手に乱射しまくってました。 ということはクールベイカー(だっけ?)の外伝的なお話なのかもしれないです。 んでその後、紆余曲折あり、彼はランドの劇中で遂にゾンビとなってしまうんですね・・・・まだ同一の役名かどうかは わからないんだけ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/09 22:20
DEGENERATION
レンタルされないので、覚悟を決めて購入しました。 ポイントも溜まってたし・・・ 全編フルCGですが、それはもうウットリするほど出来が良いです。 登場するクリーチャーはゾンビと「G」だけなんですけど、ラクーンシティの事件から続く話ですので、ゲームをプレイしてない人には難しいかもしれないですね。 息子も観たいというので、本当は字幕版で観たいところですが吹き替えにしました。 オモチャのショットガン片手に「レオンかっけぇ!」とか言ってましたよ。一人の時に字幕で再度観ようと思います。新しいヒ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/06 20:15
朝一番で映画館
先週末が仕事納めだったので、今日は朝から映画館に。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/29 20:18
セルのみか・・・
バイオハザード・ディジェネレーションが発売されます。 全編CGアニメですが、公開の際から興味がありました。とはいえ買ってまで・・・という思いもあり、レンタルで観ようかな?なんて考えていたのに無理みたい。 でもこの作品、結構評価は高いようですので、購入する価値はあるのかもしれないですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/16 22:55
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
ホテルに戻ったらインディ・ジョーンズがサービスで流れてました。 レンタルしようと思ってたので儲けものです。 この作品は全く予備知識が無かったものですから、登場人物にビックリ!第一作である「レイダース」のヒロイン、マリオンが27年ぶりに再登場するんですね。 このシリーズはいつも派手なアクションが売りですね。インディも老けたのでどうなんだろう?と思ってましたが、健在ぶりをしっかりアピールできる内容になってます。 あんまり書くとネタバレになるからやめとこう・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/09 23:54
寝ずの番
マキノ雅彦=津川雅彦の初監督作品。 地域によって様々ですが、御通夜で線香を絶やさぬように起きていることですね。 私の育った地域は個人の思い出話に肴に酒を飲み続けます。夜中には殆どの人が潰れて雑魚寝になりますので 朝まで「寝ずの番」をするのはいつも下戸の私やまだ幼かった弟でした。 この映画もそんな御通夜での思い出話を中心に進むんですけど、R−15指定映画です。 理由は猥語が何十回と出てくるから・・・ ある落語家一門がおりまして、そこの師匠が亡くなっちゃうんですけどね、師匠と弟子達の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/06 01:44
デッドマンズ・プリズン
凶悪犯ばかりの刑務所に、ある病原菌に感染した囚人が収監された・・・ 発症して次から次へと感染が広がっていくというお話。 感染者はゾンビと言うより「28日後」みたいな感じで猛ダッシュです。だからゾンビじゃないよコレは。 レビューではそこそこ評判が良かったんですけど、展開が早いからまだマシかと思える程度かと・・・ 内臓引きずり出し等のゴアシーンはかなり多いものの、内容が薄っぺらいから物足りなさを感じてしまうんです。警官がショットガンを撃ちまくるシーンがあるんですけど、何故か薬莢が飛ばねー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/04 00:28
マイケルさん
ハロウィンでお菓子をもらいに行った子どもが20発以上の銃弾を受けて死亡・・・ 前にも同じような事件がありましたね。 アメリカは銃社会ですし、御世辞にも治安が良いとは言えませんから、ハロウィンが古くからの慣習とはいえ、見ず知らずの人が仮装して呼び鈴鳴らせば強盗と間違われる可能性はありますよ。 私はハロウィンが何を目的とする祭なのかもよくわかりませんので、ハロウィンと聞けばコイツしか頭に浮かんでこないです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/02 23:34
13日の金曜日がリメイク
悪魔のいけにえテキサスチェーンソーと題を変えてリメイクされてから久しいですけど、ついに13日の金曜日もリメイクされます。 本国では年明けに公開されるようですので、日本ではまだまだ先でしょうけど・・・ このシリーズは6作までは記憶にあります。 1〜5まではストーリーがちゃんと繋がっていました。4作目で一応ジェイソンが倒され、5の殺人鬼がジェイソンの模倣犯なんですけど、本家顔負けのタフなオッサンだったですよ。 ここで話は終わったかと思いきや、6作目にジェイソンは落雷で甦ってしまい、そこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/24 20:35
ダイアリー・オブ・ザ・デッドのブログパーツ
貼っちゃいました。 クリックすると、予告篇が再生されます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/10/22 23:09
紀元前1万年
今日は仕事で盛岡に来ています。 本来なら3連休なのに、明日の朝から仕事なんです・・・ちくしょう! 週明けに絶対代休取ってやる! 連休前の週末故か、ホテル代もチト高い。 必要ないのに映画見放題プランが付いていたので、せっかくだから「紀元前1万年」を観てました。 CMで受けた印象と、実際の内容は全然違った・・・ マンモスやサーベルタイガーとか、CGで作られた生き物たちはカッコイイしリアルですけど、私は正直もっと原始的な話だと思ってたんです。 主人公は狩猟民族なので原始的なんだけど、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/10/10 22:17
バイオハザードの長篇アニメ
実写ではなく長篇アニメですが、サイトで予告篇を見るとかなり出来が良いと思います。 ゲーム中のイベントCGをずっと観るような感じですよ。 〜オフィシャルサイト〜 http://www.biohazardcg.com/ 10/18からの2週間限定上映とのこと、んで地方では上映されないようです・・・ 好評だったら地方でも観れるのかな? ラクーンの惨劇から7年後の話で、主なキャストはレオンとクレア。 何者かが意図的にTウィルス感染者を空港に放したことから爆発的に広がる感染。 まさにバイオ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/08 19:36
突然の話で驚きました・・・
緒形拳さんが急逝しました。まだ71歳だったそうで・・・ 最近はプリンターのCMで、孫に会うのが楽しみなお爺ちゃんを演じていましたね。 見ててとても微笑ましかった。 出世作は大河ドラマの「太閤記」だそうですが、私は当時を知りません。 もちろんテレビ等では知ってましたけど、映画館で観たのは『座頭市』が最初。 故勝新太郎さん演ずる「市」に敵対する組織の凄腕用心棒役です。 何かと交流のあった市に対し、不本意ながら生きるために組織入りするわけですが、最後の決闘では一切言葉を発さず、自分であるこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/07 18:33
手放せないDVDの話
「ブルースブラザース」 一作目はテレビで見たんです。当時は中学生くらいだったと思う。 吹き替えがバブルガムブラザースでして、繰り返し観てはハマっていったんですよ。 今じゃ絶対撮影できない作品だと思います。それだけ凄いハチャメチャコメディー。 ※まぁ観ていただければわかります。 見どころはコメディーだけじゃなくて、R&Bやソウルミュージックも満載、私は当時サウンドトラックを探して買いました。 主演のジョン・ベルーシとダン・アイクロイドのほか、ゲスト出演してる人達も凄くて、ジェームス... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/17 21:22
マーダーライドショー
ロブ・ゾンビ監督流の「悪魔のいけにえ」リメイク。 この作品は1と2があるんですけど、1はよくわかりません・・・ 気兼ねなく引き金を引けるキ○ガイ一家はともかく、モンスターまで登場しちゃうから「なんじゃこりゃ?」と思ってしまうのです。 なので1は見てて正直不愉快になった(笑)。なんでも出演させりゃいいってもんじゃない。 そのへんの馬鹿馬鹿しさが売りなのかもしれんけど。 あっ、でも一家の主でピエロの親父はかなり笑えますよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/17 20:41
明日への遺言
公開時に見にいきたかったのですが、息子を優先してドラえもんになっちゃったので、DVDになってようやく見ることが出来ました。 主水いや、藤田まことさん演じる「岡田資(たすく)」中将は実在の方で、戦後の裁判によりB級戦犯として処刑されました。名古屋空襲時に撃墜されて捕まった米兵を処刑した罪に問われるのですが、彼は米軍の空襲に対して正々堂々と言ってのけます。 「一般市民を無慈悲に殺傷しようとした無差別殺人である。」 「搭乗員はハーグ条約違反の戦犯であり、捕虜ではない。」 捕虜ならば軍事裁判... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/31 23:23
『ルーツ』(Roots)
映画ではなく、30年ほど前に放映されたテレビドラマです。平均視聴率がなんと45%だったそうですよ。 アフリカのガンビアで平和に暮らしていた主人公の「クンタ・キンテ」が、白人による奴隷狩りに捕まってアメリカに拉致され、奴隷にされながらも部族の戦士としての誇りと、自由になる夢を諦めずに生きていく話です。 自由を掴み取るのはクンタ・キンテの孫の代となりますが、脈々と子孫に受け継がれていくクンタの教え・・・ 黒人を人と考えない白人至上主義がまかり通っていた時代がよくわかるドラマです。 長い歴... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/14 00:33
日本語サイト登場
ジョージ・A・ロメロの『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』の日本語公式サイトがOPENしました。 http://www.diaryofthedead.jp/ クリップ影像が載ってます。 いいですね〜いいかんじですねぇ〜 巷に溢れるクソゾンビ映画とは雰囲気が違う。 前作のランド・オブ・ザ・デッドに出演していた傭兵役の俳優さんがチョイと映ってます。 前にも書いたけど、この作品は第1作のナイトと第2作のドーンの間ということ。 故に死人が甦る→ゾンビとなって人を襲うことが認知されておらず、世間... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/06 23:34
「トラック野郎」への想い
写真は第7作目の突撃一番星※マドンナは原田美枝子、ライバルは川谷拓三です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/15 19:08
アイアムレジェンド
原題は「地球最後の男」という話らしいですね。読んだことないです。 金は掛かってるなぁと思いましたけど、なんかイマイチだったというか。見終わった後も物足りない感覚でした。 初めのうちはニューヨークだけが廃墟と化していて、主人公は原因を探るべく一人残っているのだと思っていたのです。劇中で普通にテレビ見てるし・・・ でも中盤以降でわかったのですが、世界中にウィルスが蔓延した結果、多くの人間が死滅しているとのこと。 そして夜はダークシーカー(感染者)達が支配する世界ということも。 そうなる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/27 22:40
もう続編!?
待ち遠しい『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』ですが、ロメロさんは既に次のシナリオを完成させちゃったようです。 翻訳ソフトの精度が悪すぎて、まともな日本語にはならなかったのですが・・・ ただ今回のダイアリーが「ブレアウィッチ」のようなカメラアングルなのに対し、次回は普通の視点という感じみたいです。でも映画化が決定したわけではないようなので、まだ喜ぶには早いか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/21 01:42
39〜刑法第三十九条〜
刑法第三十九条とは ・心身喪失者の行為はこれを罰しない ・心身耗弱者の行為はこれを減刑する 猟奇的な凶悪事件が起こると、その被疑者が裁判において精神鑑定を受ける話を良く聞きます。 この三十九条が適用されるか否かを問うのでしょう。 この映画の出来自体は正直論じるのが難しいです。結構長くて退屈なシーンも多いし。 ストーリーはネットでそれなりに紹介されてますので詳しくは書きません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/12 20:30
ホステル2
前作の「ホステル」が結構面白かったので、続編も観てみました。 この映画、とにかく痛さが伝わってきます。前作はアキレス腱をバッサリ切られたり、生皮を派がされたり、残酷描写のオンパレード。続編は少し控えめのように感じました。 ストーリーですが(※ちょっとネタバレ) 欧州を旅するバックパッカー達が、突然拉致されて残酷に殺害される。 殺害するのは、ある組織と契約した世界中のお金持ちの皆さん・・・つまり【楽しむための殺人】を買うんです。 バックパッカー達が宿泊するホステルが一枚噛んでおり、宿... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/05/11 18:09
予告編を見る度に
【ダイアリー・オブ・ザ・デッド】のポスター 既に本国ではDVDが発売されたのかな?ユーチューブで様々な予告編がアップされていて、映像を見る度に「早く観たい!」という衝動に駆られます。 今回の話は1作目のナイト・オブ・ザ・リヴィングデッドと、2作目の金字塔「ゾンビ」の間という設定らしい。 ブレアウィッチプロジェクトみたいな視点で描かれるそうです。 ※私的にはブレア〜ってクソでした。何が面白いのかさっぱりわからん。 死人が蘇って人間を襲ってる   →みんな半信半疑で、信じない人も多い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/21 23:23
ふたたびドラえもん
ドラえもん のび太の恐竜 息子と【緑の巨人伝】を見てから、やっぱりドラえもんは面白いと思いました。 んで借りてみたのは記念すべき第一作・・・か?「のび太の恐竜」です。 2006年にリメイクされたそうですが、あえてオリジナル版。1981年の作品ですから、もう27年前です・・・当時の私は今の息子よりちょっと大きい。 ドラえもんは真面目に見ると、結構感動するんですよ私。漫画版の最終回を見たときは号泣したもの・・・(複数の最終回Verがあるらしい) 今の声優陣にすっかり慣れてしまっている息... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/04/15 22:48
ポスターは良い出来だ。
リメイク版「DAY OF THE DEAD」ポスター なんとも恐ろしいポスターじゃないですか。予告編を見る限り、本作は85年にロメロ監督が撮った「DAY OF THE DEAD」とは違うようです。ということは、予算不足でお蔵入りになったというオリジナル脚本の話なんでしょうか? ロメロ版では、既に地上での生存者は居らず、主人公始め人間達は地下シェルターで暮らしている設定でしたが、予告編ではまだまだ地上での生存者が多いようです。英語がわからないだけに映像だけでは設定がまったく理解不能・・・ ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/26 20:29
ドラえもん
息子と二人で映画館へ。 「ドラえもん のび太と緑の巨人伝」を観てきました! 私としては「明日への遺言」が観たかったんですけど・・・ これまで息子を映画館に連れて行ったことがなかったものですから、今回は要望を聞き入れてやることにしました。 ドラえもんは、当時小学生だった弟を連れて「のび太のパラレル西遊記」を見に行って以来ですから20年以上も前です(笑) でもドラえもんって見始めるとハマるんだよなぁ。最後のシーンで、のび太と今回のキャラである【キー坊】との別れはジーンときてしまいました... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/08 21:42
ハンニバル・ライジング
東京では春一番ですってね。仙台も凄い強風でしたが、こちらはまだまだ先のようです。 今朝方まで雪まじりの強風でした。 さて、今更ながら「ハンニバル・ライジング」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/24 18:16
さよならブロディ署長
「ジョーズ」で主演のブロディ署長を演じたロイ・シャイダーが亡くなったそうです。 もう75歳だったんですね。 海においては頼りなさげな警察署長が、執念で大ザメを最後に仕留めるという役どころでした。私にとっては風貌が印象に残る俳優さんです。 既に亡くなられているクイント役のロバート・ショウと、あちらでもオルカ号に乗ってサメ退治してるかも・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/11 23:40
アポカリプト
メル・ギブソンが監督した、マヤ文明後期のお話です。 森の中で平和に暮らしていた部族が、マヤ帝国の傭兵達に襲撃されてしまいます。 他の部族を侵略して、生贄や奴隷にするためなんですね・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/04 19:43
今から楽しみ
ジョージ・A・ロメロ監督の最新作『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』の予告編を見ました。 http://vids.myspace.com/index.cfm?fuseaction=vids.individual&videoid=25823794 なんでもゾンビが発生した直後の状況を描く作品らしいです。 予告編見てるだけでワクワクしてきました。 動画には監督本人が写ってるけど・・・・老けたなぁ。まだまだ元気で居て欲しいものだ。 今年はデイ・オブ・ザ・デッドのリメイクも出るし、楽しみが増え... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/17 23:41
ついに再販
ながらく廃盤となっていた『ドーン・オブ・ザ・デッド』が明日21日に廉価版として再販されます。 画像左はダリオアルジェント監修版、右はディレクターズカット版です。 ※米国上映版なるverがこれまで売られてました 思えば私が初めて見たverはアルジェント版なんですが、ゴブリンの音楽がテンポ良く使われていて、最も出来た編集版と言われることも多いです。 ただアルジェント版ではどうしても不可解なシーンの繋がりがいくつかあって、それがずっと不満だったのです。右のディレクターズカット版を見たことで... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/20 19:11
マスター・オブ・ホラー
『悪魔のいけにえ』のトビー・フーパー、『サスペリア』のダリオ・アルジェント、『ハロウィン』のジョン・カーペンターなど・・・ホラー映画では巨匠と呼ばれる監督達が手掛けた作品群です。 それぞれが約1時間ほどの作品ですが、何せ13本もあるので一気に見るのは無理・・・ それに続けて見ちゃうと、前の作品イメージが残っちゃって勿体ないので、1本ごとじっくり見ようと思います。 今のところ6作品ほど見てますが、私感ではハズレが1本も無いですね。 ダリオ・アルジェントの【愛しのジェニファー】と、カーペンタ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/11 22:41
衝動買い
『ショーン・オブ・ザ・デッド』 BOOKOFFを覗いてみたら、1000円均一で売っていたのでつい・・・ ゾンビもののホラー映画なのですが、中身は殆どコメディーです。私が愛して止まないジョージ・A・ロメロ監督【ゾンビシリーズ】のパロディが随所に見られます。でも決して小馬鹿にしたようなパロディじゃないんですよ。好きなんでしょうねぇ、ロメロ作品が。 この映画の監督さんと主演俳優さんは、この後ロメロ監督が撮った『ランド・オブ・ザ・デッド』にカメオ出演してるほどです。 ※酒場で女性と写真撮影を... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/11/30 23:05
ミンボーの女
久々に見たくなってレンタルしました。 老舗のホテルが意に反して暴力団が利用する巣窟となってしまい、ホテルマン達が四苦八苦しながらも、強い意志を持って毅然と立ち向かえるまでを描く内容です。 私自身、前職ではその手のお客さんには何度も遭遇しておりますが、映画の中でも見てて吹き出してしまうほど全く同じ台詞を吐くんですよ。 対処法もやはり同じ、映画の中では弁護士さんが「あー言われたらこー言いなさい」というアドバイスをするんですが、見てて「そうそう、そのとおり!」みたいな。 映画ですから【ここ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/07 22:41
ペットセメタリー
キング原作の映画です。ずいぶん昔に一度観てるんですが、その時はそれほど印象に残らない映画でした。TSUTAYAを覗いたら偶然半額セールだったので【なんとなく】借りてみました。 ※ちなみに息子のリクエストは「バカ殿様」 ペットセメタリー・・・ある場所に亡くなったペットを埋葬すると蘇ります・・・が、生前とは違って凶暴になってしまうんです。ペットならまだしも人間を埋葬したら・・・ 事故で亡くなってしまった幼い息子さんを『禁断の地』であると知っていながらも埋葬してしまう父親の物語です。 ジャ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/21 20:11
無条件で出演作が見たい俳優
『R・リー・アーメイ』 通称「ガニー(Gunny)」 初めてこの俳優さんを見たのは、S・キューブリックの『フルメタル・ジャケット』という戦争映画でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/04 19:52
映画について語ってみる
今や映画館に足を運ぶことは無くなってしまいましたが、映画はジャンル限定で結構見ます。 恋愛映画だけはほとんど見ません。というか関心がない。 ホラー全般、戦争もの、サスペンス、パニック映画、任侠系、日本喜劇・・・って考えるとジャンルっていっぱいありますね。 そんなわけで強引にホラー映画の話に持って行く。 私は子どもの頃からホラー映画は敬遠せず、ドラキュラなんかを毛布被って見てたものです。 最近は無いけど、昔は真夏の夜の怪奇特集とかTVでやってた。 死んだはずのミーナが洞窟を歩いてきた時... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2007/08/31 20:26

トップへ | みんなの「映画」ブログ

ごーちゃんの『とりあえず書きまする・・・』 映画のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる